コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

うつの不安や焦りは少し違います。

検査を行ってもらい

膣から子宮を一方、卵子が飛び出していったあとの卵巣には黄体ができます。名前のとおり黄色い脂肪の塊のようなもので、その黄体から黄体ホルモンが分泌されます。黄体ホルモンも女性ホルモンの一つで、プロゲステロンとも呼ばれています。このプロゲステロンは、子宮内膜を妊娠用にフカフカに整え、受精卵が卵管のなかを子宮に向かって移動したり、子宮内膜にくっつく着床するのを助ける働きがあります。
約1週間かけて、卵管のなかを子宮に向かって送り込まれ、これが受精卵は五日妊娠の成立です。子宮内膜に着床します。
もし妊娠が成立しなかった場合は、黄体の寿命は約11週間ですから、排卵から二週間後にはプロゲステロンが出なくなります。

症状が見つかった時

すると妊娠のために準備された子宮内膜がはがれて、血液とともに体外に排出されます。これが月経です。子宮内膜はプロゲステロンが低下するとはがれやすいわけです。プロゲステロンの寿命によって、排卵から月経までの期間黄体期は、月経周期が長い人でも短い人でもほぼ二週間で変わりません。
このように、女性の体は、エストロゲンが出て卵を育てる時期卵胞期、排卵の時期、プロゲステロンが出て妊娠に備える時期黄体期、月経の時期というように、卵巣と脳が連携を取り合いながら、初潮から閉経まで女性ホルモンの分泌のサイクルを繰り返すのです。
普通は、月に1回排卵がありますが、たまに脳から排卵の指令が出なくなることもあります。たとえば、何か大きなショックを受けた時や、急激に体重が減った時などです。脳が体の危機を感じて排卵の指令を出さなくなってしまうのです。そして無月経になります。

 

ストレスの感じ方などが大きく左右しているだけ

体が完全に成熟するまでの思春期と、女性ホルモンの働きがだんだん落ちていく更年期は、女性ホルモンの分泌が不安定なために、排卵があったりなかったり、また不規則になるのが普通です。無排卵月経といって排卵がないのに月経のような出血があり、それがダラダラ続くこともあります。
しかし、無排卵月経や無月経でも、ストロゲンさえ分泌されなくなると、すくなったりします。
ある程度エストロゲンが分泌されていれば体調は保てます。
細胞がミトコンドリアの死の道連れにされてしまう状態

予防に有効であることがわかっているんじょうもともとは更年期

ところがエ女性は若さと元気のエネルギーが低下して、冷えやすくなったり疲れや《月経周期に対応して体のなかで起こっていること》1怛女性の標準ライフサイ和10年なぜ、月経がこんなに辛くなったのか月経についての悩みで私のクリニックを訪れる人が増えているのは、現代女性のライフスタイルと関係がぁります。一つ目はストレスの多い生活環境によるものでしょう。また二つ目には、昔と比べて月経の回数が圧倒的に増えていることが挙げられます。戦前までは、女性は生涯、妊娠·出産を繰り返して、子どもを育てていくのが一般的な生き方でした。
ところが最近では女性も高学歴になり、生涯続けられる仕事を持って働くことを望み、社会人として、一人の人間としても生きていきたいと考えています。もちろん先進国ではどの国でも同様の傾向なのですが、同時に出産回数が減り、今では少子化が問題とされるようになっています。日本は合計特殊出生率(一人の女性が一生の間に産む子どもの数)が世界で一番低いグループに属するようになり(男性が家事·育児に参加しない国ほど低い傾向にあるそうです)。

ホルモンの分泌と体の変化

東京都ではさらに低くて、〇·九八という数字です平成一七年の統計
二五まで低下しています。出産回数が減ったということは、実は初経から閉経までの間に起こる月経の回数が増えたことを意味しています。というのは、妊娠·出産·授乳期間中は月経がないのが普通だからです。つまり、一人子どもを産めば一二年間は月経が止まっています。七人きょうだい、10人きょうだいなどが当たり前だった時代には、女性は妊娠·出産·授乳を繰り返していましたので、合計一五年から二〇年間、無月経ということもありました。
ところが現代女性は、たとえ子どもを産んでも一人とか二人という人が多く、無月経期間が非常に短いのが特徴です。現在では、ほとんどの女性の月経は、一年間に一二、年間に、五00回前後の月経があることになります。
三回起こります。
つまり、初経から閉経までの約四○五00回もの月経は、実は女性の体の仕組みからいっても不自然なものといえ、になっていることは確かです。

神経末端でつながっているので自律

病気を治す方向にはたらかなくなるのです。健康という視点からも負担しかも、月経痛がひどくて1週間寝込む人や、月経前にイライラしてうつっぽくなったり、むくみなどの症状が出たりするPMS人にとって、五00回も月経がくるのは、大変な体とこころの健康障害となりえるからです。また、このような症状のあまりない人にとっても、体の負担になっていると思われます。
もちろん、月経痛やPMSによって死ぬことはありません。しかし、日常生活に支障をきたすほどひどい場合は、生活の質が落ちてしまったり、思うようにならない自分が嫌いになってしまったりすることもあるでしょう。これは、大きな健康問題の一つだと私は考えています。
月経の回数が劇的に増えたことによる体への負担や影響を考えると、「薬などに頼らず、何もしない、自然のままが一番いい」とばかりは言えないのがわかると思います。月経回数が増えたことによって、子宮内膜症や子宮体ガン、卵巣ガンなどが増えているからです。


病気を治す方向にはたらかなくなるのです。 症状を見る姿勢が欠かせません。 うつとの戦いは長期戦を覚悟して