コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ホルモンと関係の深い内分泌代謝という分野

薬しか思い浮かびません。

ホルモンのバランスの崩れだけでなく

こんな病気が増えている

毎月寝込んでしまうほどひどい月経痛ひと月経痛の辛さはなかなか他人にはわかってもらえませんよね。
毎月1回、月経の時にお腹が痛くなるのは仕方のないこと、と一人で我慢している人も多いのではないでしょうか銀座にクリニックを開いてから、ひどい月経痛を訴える女性が、次から次へと相談に来るようになりました月経痛に悩まされている女性がこれほどいるのだということを、改めて感じています。

遺伝子を持っている人が多い

特に、初経から大人の女性として体が成熟するまでの間は、まだ子宮や卵巣が十分に育っていません。そのために経血をスムーズに体外に押し出す働きが有効でなかったり、血液の出口である子宮口が狭かったりして月経時に強い痛みを感じることがあります。また強いストレスや体の冷えなどによって、月経痛がひどくなることもあります。
ている環境や生活習慣のなかには、月経痛を強める要因が数多く存在します。
現在、若い女性のおかれ先日も、ある女子高校で女性ホルモンや月経の仕組みについて話をする機会がありました。その時に、月経痛やPMS月経前症候群などで困っている時は、気軽に婦人科や女性外来を利用してほしいという話も付け加えました。すると早速「月経痛がひどいのですが、緩和することができますか?」と、女子高校生がお母さんを連れて一緒にクリニックにやってきてくれました。

 

生活習慣を見直す。

前のページで詳しく説明しますが、ひどい月経痛の緩和には、低用量ピルが有効です。ピルによって少量ずつ女性ホルモンを摂ることで、脳からの排卵指令を抑制し、体内で分泌される女性ホルモンのバランスをよくして子宮内膜の増殖を抑え、月経量と月経痛を和らげることができるのです。
ピルなどのホルモン剤については、不安を持っている方もまだいらっしゃるようですが、ピルは四0年以上の年月をかけて研究されてきた結果、現在では世界で最も豊富な臨床データのそろった薬剤です。女性の体に悪影響を及ぼすこともありません。それどころか、卵巣ガンや子宮体ガンを予防したり、月経痛や月経不順の治療にとても有効であることがわかっています。

神経系統
欧米では、八〇パーセント以上の女性が、低用量ピルをいろいろと便利に使った経験があります。このような事実を、私はぜひ多くの方々に知っていただきたいと思って、ピルの正しい医学的情報の提供につとめています。先ほどの月経痛に悩む女子高校生に対しても、月経痛の原因や月経痛を緩和する方法についてお二人に説明し、選択肢の一つとして低用量ピルを提案しました。
このような時、母親世代はピルに対する不安が大きく、いのですか?とほとんどの方がおっしゃいます。
本当に、ピルを飲んでも、体に何も悪いことはな確かに今から四〇年以上前に開発された頃には、ホルモンが多く含まれており、またその時代は避妊ということに対して社会的偏見があったために悪い薬と思われ、副作用が誇大宣伝されました。

 

薬会社の大きな利益源になっているのが抗

体や顔のむくみ
イライラや憂うつなどの多彩な症状となって現れます。これらの症状は、排卵のある女性なら多かれ少なかれ起こっているこころや体の変化です。しかし、仕事や生活上での無理やストレスから、これらの症状が重くなって、社会生活に支障をきたすようになった状態をPMSと呼んでいます。現在の社会は、女性も競争社会の一員となって、勤務時間が長くなり、職場の人間関係も悪くなりがちです。誰もが余裕をなくしてしまい、仕事をしていてもストレスを感じる人が増えています。しかも、格差が大きくなっており、いくら働いてもお給料に反映されない人もいます。非常に辛い状況におかれている人が多いので特に女性は、いまだに昇進システムから取り残されることが多く、はそれに見合ったものではなく、昇給も望めない人が多いようです。
ない状況です。

症状のあらわれかもしれませんとく

理学療法学科と関係の深い分野しかし、現在ではホルモン量も五分の一以下になっており、昔に比べれば副作用も問題になりません。それどころか、避妊以外の副効用についても解明され、子宮内膜症などさまざまな治療目的にも用いられるようになっているのです。
このようにピルについて詳しく説明させていただいた結果、いと選択されました。
彼女と彼女の母親は、ぜひピルをためしてみたそぅして月経痛が改善してすっかり元気になり、学校も休まなくなった彼女を見て、そのお友だちがまた同じような悩みで私のクリニックにやってくるようになりました。
月経痛で悩んでいる中高生は多いのだろうな。学校にお話に行ってよかったなと思うことの多いこの頃で月経前にこころと体が悲鳴をあげるPMS月経前症候群月経前症候群は、を訪れる患者さんのなかでは、ストレスの多い現代社会が生み出した現代病の一つでしょう。
三番目に多い訴えの一つです。私のクリニック二番目は月経痛具体的にはPMS一番目は月経不順·無月経、PMSとは、「乳房や下腹部が張って痛い」
月経の1週間前からこころや体に起こるさまざまな心身トラブルを指します。


理学療法学科と関係の深い分野 医療を進めれば 薬で刺激してしまう